2007年06月15日

フコイダンの分類

フコイダン製品は、大きく分類すると、高分子フコイダンと低分子フコイダンに分けられます。

本来フコイダンは高分子多糖類であり、フコースやガラクトース、マンノース、キシロースなどの単糖類が強固に結合したものです。
高分子フコイダンは体内に吸収され難いとう特性がある為、吸収率向上を狙って、低分子フコイダンが生まれました。

しかし、低分子化することはフコイダンの多糖類分子構造を崩すことになり、フコイダンの効果が減少する問題が有ります。

フコイダンの良し悪しは、フコースと硫酸基の結合量が要で、この点からも高分子フコイダンが利に適っています。

高分子フコイダンは体内に吸収され難いと言われていますが、腸の表面付近にあるM細胞は、異物を積極的に吸収する特徴があり、このM細胞で高分子フコイダンが吸収されます。

異物を吸収したことはM細胞からパイエル板という免疫を司るところに送られ、免疫細胞が活発化します。

これが高分子フコイダンの免疫力向上作用と呼ばれています。

体力の低下などで、胃腸の働きが弱っている場合などは、吸収されやすい低分子フコイダン、体力が回復してきて、免疫力を向上したい場合は、高分子フコイダンを用いるのが良いでしょう。
posted by 海坊主 at 12:59 | TrackBack(0) | フコイダンの効果

2007年06月12日

フコイダンとアガリクスの違い

フコイダンとアガリクスやメシマコブ等の「きのこ」系の健康食品との違いを簡単に言うと、直接作用するか、間接作用するかの違いです。


フコイダンは、アポトーシス作用により、異常細胞として増殖する癌(がん)に直接働きかけ、癌(がん)細胞を死滅させます。

アガリクスやメシマコブ等の「きのこ」系の健康食品には、「β−D−グルカン・タンパク質複合体」という多糖類成分が含まれています。

この多糖類成分による免疫賦活作用のはたらきで、副作用がなく、人間が本来もっている免疫力を活性化させることにより、マクロファージやナチュラルキラー細胞、Bリンパ球などの免疫細胞の力を増強させることによって、間接的に、癌(がん)に働きかけます。

このように、アガリクスやメシマコブ等の「きのこ系」の健康食品は、免疫細胞を強化することにより間接的に働きかけることしかできませんが、フコイダンはアポトーシス作用により、がん細胞に直接働きかけるので効果が高いのです。

さらにフコイダンは、免疫賦活作用(免疫を強力に向上させる作用)も併せ持っているので、免疫力も向上させ、間接的にも癌(がん)細胞へ働きかけます。


posted by 海坊主 at 13:00 | TrackBack(1) | フコイダンの効果

2007年06月09日

フコイダンを用いた癌(がん)療法

フコイダン」を用いた癌(がん)療法の要は、「フコイダン」のアポトーシス誘導作用と免疫力を高める作用です。

現在治療に用いられる抗ガン剤は、対象となる癌(がん)の性質を分析し、細胞のDNAの合成を阻害し増殖を抑えるアルキル化剤、細胞に栄養を与えない働きをする代謝拮抗剤、細胞分裂を防ぐ抗腫瘍性アルカロイド剤、抗腫瘍性の抗生物質等を、組み合わせて投与されます。

しかし、これらの薬剤は癌(がん)細胞だけにピンポイントで作用させることは難しく、正常な細胞にもダメージを与えてしまい、様々な副作用を引き起こす要因になっています。

これに対し、「フコイダン」のアポトーシス誘導作用は、癌(がん)の元となる異常細胞に直接働き掛け、正常な細胞に対しては影響を与えず副作用が無いという特製により、副作用の心配がありません。

更に、抗ガン剤による効果で、癌(がん)細胞を縮小させても、副作用により、免疫力も低下してしまうため、残った癌(がん)細胞の増殖を抑止することができず、更なる抗がん剤の投与が必要となり、悪循環に陥るケースがあります。

これに対しても、「フコイダン」の免疫力を高める作用で、自然治癒力の維持向上が期待できます。


フコイダン」の自然治癒力を向上させながら、アポトーシス誘導作用による、副作用無い抗癌作用は、これまでの抗ガン剤にない有効な癌(がん)対策になると期待されています。
posted by 海坊主 at 07:00 | TrackBack(1) | フコイダンの効果