2007年06月09日

フコイダンを用いた癌(がん)療法

フコイダン」を用いた癌(がん)療法の要は、「フコイダン」のアポトーシス誘導作用と免疫力を高める作用です。

現在治療に用いられる抗ガン剤は、対象となる癌(がん)の性質を分析し、細胞のDNAの合成を阻害し増殖を抑えるアルキル化剤、細胞に栄養を与えない働きをする代謝拮抗剤、細胞分裂を防ぐ抗腫瘍性アルカロイド剤、抗腫瘍性の抗生物質等を、組み合わせて投与されます。

しかし、これらの薬剤は癌(がん)細胞だけにピンポイントで作用させることは難しく、正常な細胞にもダメージを与えてしまい、様々な副作用を引き起こす要因になっています。

これに対し、「フコイダン」のアポトーシス誘導作用は、癌(がん)の元となる異常細胞に直接働き掛け、正常な細胞に対しては影響を与えず副作用が無いという特製により、副作用の心配がありません。

更に、抗ガン剤による効果で、癌(がん)細胞を縮小させても、副作用により、免疫力も低下してしまうため、残った癌(がん)細胞の増殖を抑止することができず、更なる抗がん剤の投与が必要となり、悪循環に陥るケースがあります。

これに対しても、「フコイダン」の免疫力を高める作用で、自然治癒力の維持向上が期待できます。


フコイダン」の自然治癒力を向上させながら、アポトーシス誘導作用による、副作用無い抗癌作用は、これまでの抗ガン剤にない有効な癌(がん)対策になると期待されています。
posted by 海坊主 at 07:00 | TrackBack(1) | フコイダンの効果
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4269195

この記事へのトラックバック

フコイダン 療法
Excerpt: フコイダンフコイダン【今後、フコイダンの登場によりがん治療が変わるかも知れません。すなわち、西洋医学の利点と、フコイダンの利点を加味する統合医療が行われるようになるかも知れません。例えば、早期がんで外..
Weblog: フコイダン
Tracked: 2007-08-07 11:32