2007年06月07日

フコイダンの転移抑制作用

フコイダンには癌(がん)の転移を抑制する効果が有ると期待されています。

癌(がん)細胞は、0.1ミリの大きさになるとすでに、転移する能力を持っていると言われています。

しかし、早期発見できる癌(がん)細胞は、最低でも約 5ミリ位の大きさがないと発見できないので、早期発見した時点で、既に転移している可能性が有ります。

癌(がん)細胞には、自分の好む場所を探し転移する、ホーミングレセプターと呼ばれる性質をがあり、癌(がん)細胞が好みとする臓器を「好発転移部位」と呼びます。

癌(がん)は血管を伝って体内を巡り、好発転移部位を探し、発見した好発転移部位に接着因子で取り付き、臓器へ転移します。

フコイダンは、臓器の表面を保護し、癌(がん)細胞の接着因子を無効にすることで、転移をふせぎ、転移に失敗した癌(がん)細胞をフコイダンの持つアポトーシス効果で死滅へ導きます。

これが、フコイダンの転移抑制作用です。

posted by 海坊主 at 09:00 | TrackBack(0) | フコイダンの効果
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4187138

この記事へのトラックバック